レモンパックの落とし穴

いつの時代も民間の美容法が話題になる事があります。
例えば一昔前に流行ったレモンパックなどですね。

流石に今はいないと思いますが「色が白い人がいつもレモンパックしてるから」と一時レモンパックにハマってる人が多かったようです。

こういった誰でも身近な物を使って出来る簡単な美容法ですが、結構危ないことも多いですので注意が必要です。

先述のレモンパックを例に上げると、美白目的でビタミンCが多く含まれているレモンでパックをするわけですが、レモンにはビタミンC以外にも、紫外線に当たるとシミの原因にもなる「ソラレン」という光毒性の成分も含まれていますので、逆効果になってしまう場合があります。

以前、あるTV番組で、プールサイドで遊んでいた女の子達が、ソラレンが含まれているライムの絞り汁を掛け合いひどい火傷を負ってしまったケースが紹介されていましたが、紫外線が強い時期に直接肌に塗ってしまうと非常に危険だと言うことは覚えておいていただきたいです。

このように紹介してしまうとソラレンって危ない!柑橘類は食べないようにしよう!と極端な行動に出てしまう方もいらっしゃいますが、ソラレンの事を知っていれば必要以上に怖がる必要はありません。

まずはどんな物にソラレンが含まれているかをご紹介します。

『 ソラレンが含まれている食べ物 』

・レモン
・ライム
・オレンジ
・グレープフルーツ
・ミカン
・キウイ
・いちじく
・アセロラ
・きゅうり
・セロリ
・パセリ
・しそ

すぐに綺麗に洗い落としてしまえば問題はありませんが、ソラレンの危険性を知らずにそのまま外出してしまうと、思わぬトラブルにつながりますのでご注意を。

ソラレンが含まれている食物を摂取する事に関しては、過度にナーバスになる必要はありませんが、美容目的で食べる場合、美白に良い時間帯は紫外線に当たらない夕方以降となります。

誤ってソラレンが皮膚に付着してしまった場合でも、紫外線に当たらなければ毒性は発揮されません。綺麗に洗い流せば大丈夫ですので慌てずに対処して下さい。

ネットを調べてますと「ソラレンが含まれた柑橘類や野菜を食べたら危ない」と極端な紹介の仕方をしているサイトも多いですが、基本的には「塗ると危ない」のであって、食べる事に関しては「夕方以降に食べたほうが美白には効果的」くらいに考えておけば良いでしょう。

もちろん「ソラレンが含まれたフルーツや野菜を大量に食べ日光浴に出かける」など極端な行動は避けたほうが良いです。

【 今回の美肌Tip 】
●日中、ソラレンが含まれる柑橘類や野菜の果汁が皮膚についたら洗い流しましょう。
●レモンやライムなどは夕方以降に食べたほうが「美白」には効果的。

油焼けとかオイルフリーとか……

少しずつ日差しが厳しくなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

夏が近づくと気になるのが「日焼け」ですよね。皆さん、日焼け止めを塗ったり、日傘を利用したりしていると思いますが、今回は、知人と話している際にちょっと気になる事がありましたので、シェアしたいと思います。

先日、知人が「私、オイルフリーの化粧品じゃないとダメなの」と言うので理由を聞いたところ「だって、この季節にオイル入ってると日焼けしちゃうでしょ」との事。

「え?そんな事無いよ」と伝えたのですが「だってオイル塗ると油焼けしちゃうに決まってるじゃない」という答えが。

更に突っ込んで聞いてみると、どうも油焼けと日焼けを混同してしまっているようです。

「油焼け」と言う言葉の印象から、フライパンで料理する際に油を利用する事や日焼け用のサンオイルのイメージを想起し、脳内で「油=良く焼ける=日焼けして真っ黒になっちゃう」と誤解が生じてしまった訳です。

昔は化粧品に使われていた油分に不純物が多く含まれており、オイルが「過酸化脂質」に変質し、シミや色素沈着の原因になってしまう事があり、「油焼け」とか「化粧焼け」などと言われていましたが、オイルを塗ると日焼けをすると言う意味ではありません。

ちなみに、現在はオイルの質が良くなっている(海外の商品は分かりませんが……)ので「オイルを塗った後、長期間、顔を洗わない」とか「不純物の多い自家製のオイルを塗る」など、よっぽどの事がない限りは油焼けを心配する必要はありませんのでご安心を。

確かに「オイルフリー」のように「○○フリー」と書いてあると、入っていないほうが良いように見えますが、消費者が好みの商品を選べるように表示されているだけで、アレルギーを持っている方や使用感が気にならない方は、まったく問題はありません。

むしろ、オイルにはビタミンやミネラルが含まれていますので、日頃のスキンケアやマッサージに積極的に使った方が良いくらいです。

もちろん、オイルの使用感が気になるという方は、ビタミンやミネラルを美容液で栄養補給してもOKです。苦手な使用感がストレスになってしまうと逆効果ですので、無理にオイルにこだわる必要もありません。

今回お伝えしたかったのは、間違った情報で化粧品の選択の幅が狭まってしまうと「もったいないですよ」という事です。

化粧品は「先入観に振り回されずに、正確な情報を基に、ご自身のお肌と相談しながら」選んで下さいね!

美肌Tips(チップス)リニューアル♪

いつもご利用いただきありがとうございます!

少し前にサイトリニューアルを行いましたが、今回、コンテンツの見直しを行いリニューアルさせていただく事になりました。

それに伴い、コンテンツタイトルは「美肌辞典」から「美肌Tips(チップス)」へと変更します。

空き時間にスナックをつまみ食いする感覚で美肌を目指していただけるように、気軽に読んでいただけるようなお役立ち美容情報を発信して参りますので、今後ともよろしくお願いいたします!

毛穴の開き対策

皮膚の健康を保つために重要な器官の一つが毛穴です。ですが、ニキビや毛穴の開きなど「毛穴なんて無くなっちゃえばいいのに!」と毛嫌いされている方がいるのも事実です。

毛穴の開きの原因を正しく知り、しっかりと対策をして、毛穴と上手く付き合っていく事が毛穴ケアのコツです。

大きく分けて4つの点を気を付けることで驚くほど変わってきますので、ぜひ実践してみてください。

1.正しいクレンジングや洗顔で毛穴のつまりを解決
2.アンチエイジングでお肌を柔らかく保ちたるみを解決
3.寒暖の差で立毛筋を鍛える
4.収れん化粧水でお肌を引き締め

毛穴の開きはあくまで様々な原因の『結果』です。したがって、かなり個人差がありますので、これだけやっておけば毛穴の開きは絶対に防げるという物ではありません。

化粧品や美容機器に頼るだけでなく、栄養のバランスや適度の運動、質の高い睡眠、ストレスの解消など、トータル的なケアが結果的に『一番の近道』です。

 

夏場のハイドロキノンの使い方

梅雨が明けたら紫外線がギラギラする真夏がやってきます。現在は曇り空も多く、あまり日差しも強くないように感じますが、油断は禁物です。

シミ対策にハイドロキノンクリームを使っている方も多いと思いますが、夏場のハイドロキノンの使い方にはちょっとしたコツが必要です。

まずはナイトケアだけにして、外出時には必ず日焼け止めやUV対策を行ないましょう。

普段日焼けしていない方が、海水浴などで強い紫外線を短期間で浴びた際に、皮膚が剥けてしまったりしますが、ハイドロキノンを使用している間は「紫外線に弱い状態」ですので同様のことが言えます。

「今日は塗ってないからいいや」と何もせずに外出して強い紫外線を浴びてしまうと、せっかくのケアが逆効果になってしまいますのでお気をつけ下さい。

また、高濃度のハイドロキノンクリームをご使用の場合は、普段使っているクリームに混ぜて少し薄めて使うとトラブルもなくて良いですよ。

配合率の低いハイドロキノンクリームも良いのですが、私は濃度が高いハイドロキノンクリームをそのまま使ったり、混ぜたりと、お肌の調子に合わせて調整をしながら使うのが好きです。

コスパも良いのでおススメです。

ハイドロキノンを試してみるならセフティエHQクリームはいかがでしょう

リキッドファンデーションの付け方

リキッドファンデーションは、液体なので肌にフィットしやすく、もちが良く、カバー力も魅力ですね。
丁寧に仕上げると、ぱっと人目をひくほど、つややかでフォーマルな印象になります。

リキッドファンデーションならではの使い方として、「混ぜ合わせる」という方法があります。

下地クリームや日焼け止めと、リキッドファンデーションを混ぜて使うと、ファンデーションが濃く付きすぎず、なおかつ時間を短縮することが出来ます。

色味も、オークル系とピンク系を2色用意しておけば、TPOや肌のコンディションに合わせて色味を調節することが出来、便利です。
顔色が悪い日にはピンク系を多めに、赤みが気になる日にはオークル系を多めにして混ぜ合わせます。

混ぜる時に、手で温めるようによく混ぜることで、お肌にピッタリとなじみやすくなります。

付ける時は「顔の中心から外側に」「目や鼻、口の周りは薄めに」「手早く」がポイントです。

まず、両頬、額、鼻、あごに「5点づけ」し、顔の中心から外側に向かって伸ばしていきます。
リキッドファンデーションの付け方1

目や鼻、口のまわりを避け、手に少しファンデーションを残すようなイメージで伸ばします。
リキッドファンデーションはのばすと早く乾くので、手早さが必要です。
リキッドファンデーションの付け方2

リキッドファンデーションの付け方3

リキッドファンデーションの付け方4

目の下の▽地帯(眼頭から1cmくらい下、そこから真横へ目尻の幅くらいまで、下は小鼻の横くらいまでの部分)をキレイに仕上げると、お肌全体がキレイな印象になります。
リキッドファンデーションの付け方5

残ったファンデーションを目や鼻、口の周りにうすく伸ばし、入れ込みます。
まぶたや眉、唇にも薄く伸ばすようにします。こうすることで、ポイントメイクが乗りやすく、発色しやすくなります。
よく動く部分なので、ごく薄く伸ばすのがポイントです。
リキッドファンデーションの付け方6

よく「叩き込む」と言いますが、強くたたくのではなく、指で入れ込むように丁寧に押す感じです。

リキッドファンデーションの場合、コンシーラーはファンデーションの後が基本です。
目の下のクマや目の切れ込みの赤みなどが気になるところに、コンシーラーをポンポンと付けてなじませます。
シミやソバカスなら、リキッドファンデーションを薄く重ねづけする方が自然に仕上がります。

手のひらで顔全体を包み、体温でファンデーションをなじませます。

フェイスパウダーや粉おしろいを顔全体に付けます。
大きなパフにパウダーをもみこんで均一になじませてから、顔の中央から外側に向かってつけていきます。

余分なパウダーをブラシで払い、肌表面を滑らかに仕上げます。このひと手間でツヤ感が違ってきます。

お化粧直しは、最後に付けたフェイスパウダーで直します。

時間と手間をかけてでも、きれいなツヤ肌を目指したい時は、
リキッドファンデーションでこのように丁寧に仕上げてみてください。

パウダーファンデーションに比べるとお肌への負担が大きいので、
スキンケアも充分丁寧にしてお肌をいたわりましょう。

パウダーファンデーションの付け方

パウダーファンデーションは、肌表面の状態が良くないときれいに乗らないので、
下地を整え、なめらかでさらっとした状態にしてから塗り始めます。

化粧水・保湿美容液(もしくは乳液)を付け、肌になじむまで10分ほど待ちます。
これで充分うるおいを感じられ、なめらかな状態であれば、このままパウダーファンデーションを付けても良いでしょう。
これだけでは乾燥が気になる場合は、下地クリームをつけてなじませます。

目の下のクマや目の切れ込みの赤みなどが気になるところに、コンシーラーをポンポンと付けてなじませます。

パウダーファンデーションをパフに取り、頬の中央から外側にすべらせるように塗ります。
パウダーファンデーションの付け方1

ファンデーションを付け直し、おでこの中心から左右、生え際に向けて塗ります。
パウダーファンデーションの付け方2

そのまま鼻を上から下にすべらせるように塗ります。
パウダーファンデーションの付け方3

パフに残っているパウダーファンデーションを、目や口のまわりなどに薄く伸ばします。
パフを折り曲げて、小鼻のきわや目の下などの細かいところを押さえるように伸ばします。
パウダーファンデーションの付け方4

コンシーラーを塗った部分は特に厚塗りになりやすいので、軽く押さえるようになじませます。
赤みやソバカスなど薄いものは、パウダーファンデーションを薄く重ねてカバーします。

手のひらで顔全体を包み、体温でファンデーションをなじませます。

パウダーファンデーション

パウダーファンデーションは、基本的に肌に浸透しないので、それほど肌への負担が大きくありません。

また、SPF表示が無くても、多少の紫外線をカットする効果があります。
粉おしろい・フェイスパウダー・ルースパウダーも同様です。

もし、ほんの少しだけ日差しを浴びるような時や、肌の調子が悪くてあまり色々塗りたくない時、
「日焼け止めだけ」と「パウダーファンデーションだけ」なら、どちらを選びますか?
パウダーファンデーションだけの方が肌への負担が少なく、かつ日焼け止め効果もあるのでおすすめです。

リキッドファンデーション、クリームファンデーション、日焼け止めクリームなどは、
本来の成分以外に、液体状にするために界面活性剤(乳化剤)や防腐剤が多くなり、
肌への負担が大きくなりがちなのです。

パウダーファンデーションは、乾燥しやすいという人も多いのですが、
メイクの前後にしっかり保湿することで補うことが出来ます。

メイク前に保湿ケアをすると、ファンデーションが乗りにくかったりよれたりする場合は、
保湿ケアのあと数分置いてなじんでからパウダーファンデーションをつけるようにします。

日焼け止め効果のある化粧品は、強いものを1度付けるより、
弱めのものを何度も塗り直す方が効果的で、肌の負担も少なくなるのですが、
パウダーファンデーションは、持ち運びも塗るのも手軽で、
こまめにケアするのにはピッタリなのです。

日差しが強い時や、何度も外に出て日差しを浴びる場合、長時間化粧直しが出来ないような場合は、
日傘を使ったり、よく日差しをあびる頬などにパウダーファンデーションを重ねたり、日焼け止めクリームを使うなど、
状況に合わせて工夫すると良いでしょう。

▼透明感のある、自然な肌を演出する「セフティエ ツーウェイファンデーション」▼
セフティエのパウダーファンデーション

美白成分の種類

美白成分は、大きく分けて3つの種類があります。
これらの成分をバランス良く組み合わせることで、美白効果がさらにあがります。

(1)メラニン色素の生成を妨げる
【アルブチン】
高山植物のコケモモなどに含まれ、メラニン色素の生成を抑える

【カミツレエキス】
カミツレ(甘草)の花・葉から抽出したエキス。
メラニン色素の生成を促すエンセドリンを抑制する

【油溶性甘草エキス】
カミツレ(甘草)の根などから抽出したエキス。
主成分グラブリジンがメラニン色素の生成を促すチロシナーゼ酵素を阻害する

【ビタミンCとビタミンC誘導体】
ビタミンCはメラニン色素の生成を抑える。
ビタミンCの安定性を高め、肌に吸収しやすいように改良されたもの

【プラセンタエキス】
アミノ酸・ミネラル・ビタミンを豊富に含んだ胎盤エキス。保湿作用もある

(2)メラニン色素の排出を促す
【AHA】
グリコール酸やフルーツ酸など。
古い角質の結びつきを弱め、はがれやすくする。ピーリング剤。

【レチノール】
ビタミンAの一種。皮膚の代謝を高め、コラーゲンの生成を促す

(3)抗酸化作用で紫外線障害を抑制する
【ビタミンCとビタミンC誘導体】
抗酸化作用で紫外線が生み出す活性酸素を除去する

【ビタミンE】
抗酸化作用で紫外線が生み出す活性酸素を除去する。
ビタミンCにプラスすると作用を高め合う

【補酵素Q10】
強い抗酸化作用で、活性酸素から細胞を守る。ポリフェノールを含む。
グレープシードエキス・緑茶エキス・イチョウ葉エキスなど

まず、シミを作らないために(1)の成分を含む美容液などを毎日のお手入れに取り入れます。

生成されてしまったメラニン色素を、効率よく排出させるために(2)の成分を使った角質ケアを取り入れます。
AHA配合の洗顔料などが取り入れやすいでしょう。角質ケアは、週1~2回程度がおすすめです。

(3)の抗酸化作用のある成分で、紫外線によるダメージから細胞を守り、肌を若く健康に保ちます。
ポリフェノールは、すでに多くの身近な化粧品に取り入れられています。
イソフラボン・カテキン・アントシアニン・ルチンなどもポリフェノールの一種です。
食品などにも多く含まれていますので、上手にバランス良く取り入れましょう。

こういった成分の効果は、目に見えるような変化があるというものではありませんが、
意識して取り入れ、根気よく続けることが大切です。

ひじ・ひざ・かかとのお手入れ

顔のお手入れが出来ていても、ひじ・ひざ・かかとがガサガサだったり、黒ずんでいたら台無しですね。

ひじ・ひざ・かかとは、ある程度の丈夫さが必要なため、通常でも角質が厚く、硬くなっています。

気を付けてお手入れしていなければ、角質が蓄積されてさらに厚くなり、乾燥し、ひび割れたりします。
さらに、特にこすれたり圧迫されたりする箇所なので、色素沈着が起こり、黒ずんできます。

日常的なお手入れとして、かかとをやすりや軽石でこすっていると、
どうしてもこすりすぎて肌を傷めたり、かえってゴワゴワになったり、黒ずみがひどくなったりしがちです。
普段からたっぷりうるおいを与えて、角質を柔らかくすることをおすすめします。

ひじ・ひざ・かかとの一般的なお手入れとしては尿素入りの保湿クリームがおすすめです。
尿素は天然の保湿成分のひとつで、肌の乾燥を防ぐ効果と、厚くなった余分な角質を取り除く効果があるとされています。

普段から保湿して角質を柔らかくする

かかとの場合は、どうしても歩いたりしてクリームがすぐに落ちてしまいがちですが、
保湿クリームを付けたあと、靴下をはくことで、有効成分が行き渡り、保持できるのでおすすめです。

かかとの集中ケアが出来る時は、
ザラつき、かさつき程度であればスクラブ入りのピーリングクリームやジェルをおすすめします。
お湯にしばらく浸けて皮膚が柔らかくなってから、優しくマッサージします。
そのあとすぐに、必ず保湿クリームを塗り、出来れば靴下をはいて保湿ケアします。

ひび割れまで出来ているようなひどい状態であれば、
やすりや軽石を使い、かかとをしっかり乾燥させた状態で少しずつ削ります。
一度に削りきろうとせず、何回かに分けて進めると良いでしょう。
このお手入れの後も、必ず保湿クリームを塗り、出来れば靴下をはいて保湿ケアします。
ラップで包んでから靴下をはき、しばらく置けば、より効果が期待できます。

ひじ・ひざは、日ごろのお手入れの中で、
普段使う化粧水や乳液、保湿クリームなどを塗っておくことで、かなり保湿ができます。
特にガサガサや角質が気になる時は、スクラブ入りのピーリングクリームやジェルでマッサージします。
さらに保湿クリームを塗ってからラップで包んでしばらく置き、保湿を強化するのもおすすめです。

予防策として、かかとやひじ、ひざを圧迫したり、こすったりするようなことを避けるのも大切です。
例えば、ひじをつくのは姿勢としても悪く、見た目も良くありませんし、
靴下をはくことは、冷え予防にもなります。
ただし、靴下も摩擦が強く感じられるものは避けましょう。

軽いマッサージをしたり、ビタミンEを摂ることなどで血行を良くしておくのも良いですね。