洗顔の方法

肌のトラブルや肌の老化の原因に、「こする刺激」があります。

洗顔の時、縦にゴシゴシとこすったり、
せっかく泡立てても、その泡をよけて直接こすってしまったり、
ニキビや毛穴のざらつきが気になって、ついつい、そこを長くこすったりしていませんか?

洗顔料は、肌になじませるだけで汚れを浮き上がらせる働きがあります。
また、きめ細かい泡は、肌を摩擦から守り、汚れをまんべんなく吸着させます。
泡立て用のネットやスポンジなどを使うと、きめ細かい泡を簡単に作ることが出来るのでおすすめです。

洗顔の方法
たっぷりのきめ細かい泡をクッションにして洗顔します

泡を充分に立て、指や手のひらと肌の間に泡をサンドするように、クッションにするようにしてなじませます。

洗う順番は、「Tゾーン(額・鼻)」→「Uゾーン(頬・顎)」→「目元・口元」です。
比較的皮膚の強い場所から、薄いデリケートな場所へ、ということです。
頬の高くなった部分は、こすりすぎやすいので気を付けます。

そして、お肌のコンディションに合わせた洗顔を心がけましょう。

朝、乾燥していたり、あまり脂っぽくなっていなければ、ぬるま湯での洗顔をおすすめします。
逆に、朝や夜などの決まったタイミングではなくても、
運動などでたくさん汗をかいたり、汚れが特に気になった時は、必要に応じて洗顔料を使った洗顔をしましょう。

洗顔料は、洗顔後にさっぱり感のあるものがおすすめです。
さっぱりしすぎると心配になりますが、しばらくすると自然に必要な皮脂が分泌され始めます。
落とすものをしっかりと落とし、保湿化粧品でうるおいを補います。

一方、しっとり系の洗顔料には油分が含まれている場合があり、
これはもともとの肌のうるおい成分とは違います。
この感触を「皮脂が落ち切っていない」と勘違いして2度洗いしたり、
「まだうるおいが残っている」と安心して時間をかけすぎたりして、
結果的に「洗い過ぎ」になりかねないので注意しましょう。