日焼け止めのSPFとPA

日焼け止めや、日焼け止め効果のある化粧品に、
「SPF●●」「PA●●」と書いてありますね。

SPF (sun protection factor) は、紫外線B波(UV-B)に対する防御効果を数値化したもので、
紫外線B波を浴び、皮膚に影響が出始めるまでの時間を何倍に延ばせるか、という数値です。

紫外線B波は、表皮まで到達し、基底層にあるメラノサイトを刺激し、メラニン色素を生成させます。

皮膚に影響が出始める(赤い斑点が出る)までに20分かかる人が、SPF30の日焼け止めを塗った場合は、

20×30=600分 となります。

しかし、よく言われるSPF1で20分というのは目安で、人により紫外線の影響が出始める時間は違います。
紫外線の影響が早く出る人は、それだけ日焼け止めの効果が早く無くなると考えます。

また、この結果は一定の環境で測定したもので、実際には塗る量や天候などに影響されます。

PA (protection grade of UVA) は、紫外線A波(UV-A)に対する防御効果を段階表示したものです。
紫外線A波は、真皮まで到達し、コラーゲンなどを傷つけ、肌の老化の原因になります。

効果の高い順に、

PA+++    UV-A防止効果が非常にある
PA++    UV-A防止効果がかなりある
PA+    UV-A防止効果がある

となります。

紫外線B波と紫外線B波

SPFもPAも、なんとなく数値が高い方が良いような気がしたり、
「大は小を兼ねる」と、とりあえず一番高い数値のものを選んだりしていませんか?

効果の高い日焼け止めは、肌への負担も大きくなるので、
目的にあわせてバランスよく選ぶことが大切です。

紫外線を防ぐ成分には、
「紫外線吸収剤」 「紫外線錯乱剤」
の2種類があります。

「紫外線吸収剤」は紫外線を吸収するもので、
肌への負担が大きく、時々肌荒れの原因になります。

「紫外線錯乱剤」は紫外線をはねかえすもので、吸収剤と比較するとかぶれにくいのですが、
白っぽくなったり、肌が乾燥しやすくなりがちです。

基本的にはSPF20~30 PA+~++程度を目安に、日焼け止め化粧品を使うと良いでしょう。
毎日使うのであれば、「紫外線吸収剤不使用」のものがおすすめです。

▼スキンリニュー UVクリームはSPF23・PA+・紫外線吸収剤不使用です▼

紫外線を浴びる時間や強さ、紫外線を浴びやすい場所に合わせて塗り直したり、
粉おしろいやパウダーファンデーションを重ねるなど工夫することで、
1つの日焼け止めでかなりの場面をカバーすることが可能です。

レジャーなどで一日中屋外で強い日差しを浴びるような場合は、より強い日焼け止めを使うか、
普段使っている日焼け止めならファンデーションなどを重ねたり、こまめに2度3度と塗り直すなどに加え、
衣類や日傘などで紫外線を遮る工夫をしましょう。