シミの種類

シミとは、肌に出来る、メラニン色素の集まり(色素沈着)のことです。

色素沈着というと、なんとなく化粧品などの色が残ってしみ込んでしまうように聞こえますが、
化粧品などに使われている顔料は粒子が大きく、肌に染み込むことはありません。

メラニン色素は、紫外線が肌に入り込むのを防ぐ働きがあり、
紫外線の刺激を受けると、肌の表皮と真皮の間の基底層にあるメラノサイトという細胞が活性化し、
メラニン色素をたくさん作るのです。

このメラニン色素は、通常なら皮膚の代謝(ターンオーバー)で排泄され消えていきます。
日焼けをしても、日が経つと消えるのが、ひとつの例です。

紫外線を大量に浴びて、メラニン色素がたくさん作られ、
代謝が悪くなって、排泄が追いつかなくなると、表皮にメラニン色素が残り、シミとして見えてきます。

メラニン色素が代謝で排出されずに蓄積するとシミとして見えてくる

こういったいわゆる日焼けによるシミは「老人性色素斑」と呼ばれます。
名前に老人性とありますが、10代から出始める人もいます。「日焼け記憶ジミ」とも呼ばれます。
初期のうちは代謝を促したり、美白成分で薄くなる場合もありますが、
時間が経ち、形がくっきりしてしまったものは、レーザー治療などでないと取れにくくなります。

ニキビや肌荒れなど、肌に起こった炎症のあとがシミになるのが、「炎症性色素沈着」です。「肌荒れ記憶ジミ」とも呼ばれます。
ムダ毛処理(抜く・剃る)を繰り返したところにも出来る場合があります。
ここに紫外線が当たるとシミが濃くなります。
肌の代謝がスムーズになれば少しずつ目立たなくなります。これはレーザー治療には適していません。

肌をこすって強い摩擦をを与えたあとがシミになったりもします。
「摩擦黒皮症」といいます。「こすり色素沈着」とも呼ばれます。
ナイロンのタオルやブラシで強くこすると出来やすいほか、
普通のタオルでも強くこすると出来たり、衣類で慢性的に肌に摩擦を与えることでも出来る場合があります。
真皮にも届くような深いシミで、非常に消えにくいものです。
まず、こすることをやめ、お医者さんでは主に投薬治療になりますが、時間がかかります。

「肝斑(かんぱん)」という言葉もよく聞くようになりましたね。
これはホルモンバランスの崩れが主な原因と言われています。
頬骨を中心に左右対称に広範囲に広がり、境目がぼんやりしているのが特徴です。
刺激で濃くなる場合があるので、摩擦や紫外線などの刺激を避け、
最近では市販薬も出ていますが、皮膚科での治療がおすすめです。

このほかにも、シミには色々な種類・原因・治療法があります。
また、シミの多くは、複数の原因が重なっており、
違う原因でも、出来る場所が同じである場合も多く、
総合的で的確な診断とバランスの良いお手入れが重要になってきます。

美白化粧品でのお手入れは、どちらかというと予防的に使うものです。
その効果は「メラニンの生成を抑える」「代謝を促し、メラニンの排出を助ける」など、
もし出来てしまったシミが薄くなるとしても、非常にゆっくりで、根気が必要です。

逆に言えば、出来てしまったシミを素早く消すことは、とても難しいことです。
よく効く薬であれば、副作用がある場合もあります。

見て気になるほどに濃くなったシミは、
素人判断で偏ったお手入れを進めてしまう前に、
できれば専門医に診てもらう方が、より安心です。