美白成分の種類

美白成分は、大きく分けて3つの種類があります。
これらの成分をバランス良く組み合わせることで、美白効果がさらにあがります。

(1)メラニン色素の生成を妨げる
【アルブチン】
高山植物のコケモモなどに含まれ、メラニン色素の生成を抑える

【カミツレエキス】
カミツレ(甘草)の花・葉から抽出したエキス。
メラニン色素の生成を促すエンセドリンを抑制する

【油溶性甘草エキス】
カミツレ(甘草)の根などから抽出したエキス。
主成分グラブリジンがメラニン色素の生成を促すチロシナーゼ酵素を阻害する

【ビタミンCとビタミンC誘導体】
ビタミンCはメラニン色素の生成を抑える。
ビタミンCの安定性を高め、肌に吸収しやすいように改良されたもの

【プラセンタエキス】
アミノ酸・ミネラル・ビタミンを豊富に含んだ胎盤エキス。保湿作用もある

(2)メラニン色素の排出を促す
【AHA】
グリコール酸やフルーツ酸など。
古い角質の結びつきを弱め、はがれやすくする。ピーリング剤。

【レチノール】
ビタミンAの一種。皮膚の代謝を高め、コラーゲンの生成を促す

(3)抗酸化作用で紫外線障害を抑制する
【ビタミンCとビタミンC誘導体】
抗酸化作用で紫外線が生み出す活性酸素を除去する

【ビタミンE】
抗酸化作用で紫外線が生み出す活性酸素を除去する。
ビタミンCにプラスすると作用を高め合う

【補酵素Q10】
強い抗酸化作用で、活性酸素から細胞を守る。ポリフェノールを含む。
グレープシードエキス・緑茶エキス・イチョウ葉エキスなど

まず、シミを作らないために(1)の成分を含む美容液などを毎日のお手入れに取り入れます。

生成されてしまったメラニン色素を、効率よく排出させるために(2)の成分を使った角質ケアを取り入れます。
AHA配合の洗顔料などが取り入れやすいでしょう。角質ケアは、週1~2回程度がおすすめです。

(3)の抗酸化作用のある成分で、紫外線によるダメージから細胞を守り、肌を若く健康に保ちます。
ポリフェノールは、すでに多くの身近な化粧品に取り入れられています。
イソフラボン・カテキン・アントシアニン・ルチンなどもポリフェノールの一種です。
食品などにも多く含まれていますので、上手にバランス良く取り入れましょう。

こういった成分の効果は、目に見えるような変化があるというものではありませんが、
意識して取り入れ、根気よく続けることが大切です。