パウダーファンデーション

パウダーファンデーションは、基本的に肌に浸透しないので、それほど肌への負担が大きくありません。

また、SPF表示が無くても、多少の紫外線をカットする効果があります。
粉おしろい・フェイスパウダー・ルースパウダーも同様です。

もし、ほんの少しだけ日差しを浴びるような時や、肌の調子が悪くてあまり色々塗りたくない時、
「日焼け止めだけ」と「パウダーファンデーションだけ」なら、どちらを選びますか?
パウダーファンデーションだけの方が肌への負担が少なく、かつ日焼け止め効果もあるのでおすすめです。

リキッドファンデーション、クリームファンデーション、日焼け止めクリームなどは、
本来の成分以外に、液体状にするために界面活性剤(乳化剤)や防腐剤が多くなり、
肌への負担が大きくなりがちなのです。

パウダーファンデーションは、乾燥しやすいという人も多いのですが、
メイクの前後にしっかり保湿することで補うことが出来ます。

メイク前に保湿ケアをすると、ファンデーションが乗りにくかったりよれたりする場合は、
保湿ケアのあと数分置いてなじんでからパウダーファンデーションをつけるようにします。

日焼け止め効果のある化粧品は、強いものを1度付けるより、
弱めのものを何度も塗り直す方が効果的で、肌の負担も少なくなるのですが、
パウダーファンデーションは、持ち運びも塗るのも手軽で、
こまめにケアするのにはピッタリなのです。

日差しが強い時や、何度も外に出て日差しを浴びる場合、長時間化粧直しが出来ないような場合は、
日傘を使ったり、よく日差しをあびる頬などにパウダーファンデーションを重ねたり、日焼け止めクリームを使うなど、
状況に合わせて工夫すると良いでしょう。

▼透明感のある、自然な肌を演出する「セフティエ ツーウェイファンデーション」▼
セフティエのパウダーファンデーション