パウダーファンデーションの付け方

パウダーファンデーションは、肌表面の状態が良くないときれいに乗らないので、
下地を整え、なめらかでさらっとした状態にしてから塗り始めます。

化粧水・保湿美容液(もしくは乳液)を付け、肌になじむまで10分ほど待ちます。
これで充分うるおいを感じられ、なめらかな状態であれば、このままパウダーファンデーションを付けても良いでしょう。
これだけでは乾燥が気になる場合は、下地クリームをつけてなじませます。

目の下のクマや目の切れ込みの赤みなどが気になるところに、コンシーラーをポンポンと付けてなじませます。

パウダーファンデーションをパフに取り、頬の中央から外側にすべらせるように塗ります。
パウダーファンデーションの付け方1

ファンデーションを付け直し、おでこの中心から左右、生え際に向けて塗ります。
パウダーファンデーションの付け方2

そのまま鼻を上から下にすべらせるように塗ります。
パウダーファンデーションの付け方3

パフに残っているパウダーファンデーションを、目や口のまわりなどに薄く伸ばします。
パフを折り曲げて、小鼻のきわや目の下などの細かいところを押さえるように伸ばします。
パウダーファンデーションの付け方4

コンシーラーを塗った部分は特に厚塗りになりやすいので、軽く押さえるようになじませます。
赤みやソバカスなど薄いものは、パウダーファンデーションを薄く重ねてカバーします。

手のひらで顔全体を包み、体温でファンデーションをなじませます。