夏場のハイドロキノンの使い方

梅雨が明けたら紫外線がギラギラする真夏がやってきます。現在は曇り空も多く、あまり日差しも強くないように感じますが、油断は禁物です。

シミ対策にハイドロキノンクリームを使っている方も多いと思いますが、夏場のハイドロキノンの使い方にはちょっとしたコツが必要です。

まずはナイトケアだけにして、外出時には必ず日焼け止めやUV対策を行ないましょう。

普段日焼けしていない方が、海水浴などで強い紫外線を短期間で浴びた際に、皮膚が剥けてしまったりしますが、ハイドロキノンを使用している間は「紫外線に弱い状態」ですので同様のことが言えます。

「今日は塗ってないからいいや」と何もせずに外出して強い紫外線を浴びてしまうと、せっかくのケアが逆効果になってしまいますのでお気をつけ下さい。

また、高濃度のハイドロキノンクリームをご使用の場合は、普段使っているクリームに混ぜて少し薄めて使うとトラブルもなくて良いですよ。

配合率の低いハイドロキノンクリームも良いのですが、私は濃度が高いハイドロキノンクリームをそのまま使ったり、混ぜたりと、お肌の調子に合わせて調整をしながら使うのが好きです。

コスパも良いのでおススメです。

ハイドロキノンを試してみるならセフティエHQクリームはいかがでしょう